iPhone修理はどこのお店に頼むべきか

かつてのパソコンであれば、腫れ物を扱うようにして使ったものです。
今はiPhoneやスマホをどれだけ大事に使用していますか?
ついつい落としてしまうのは日常茶飯事です。
それでも壊れにくくはなっています。
しかし本当に壊れてしまったら、iPhone修理は、どこのお店に頼みましょうか。

アップルストアを予約する

当然です。iPhone修理はアップルストアに頼みましょう。
車を含めたどんな機械類であっても、正規の部品を使って、正規の修理業者にお願いするのがベストです。
保証が利きます。
ferwawa
今後も壊れる可能性が低くなります。
多くのメリットがあります。
とはいえ現状においてアップルストアで飛び込み修理はしてもらえません。
必ず予約しなければなりません。
その予約をとるのも大変です。
さらに正規の部品は値段が高くなります。
そこまでしてiPhoneを持ち続けるべきなのか。
もちろん壊さないように大切に扱うのが一番です。

身近な修理店を探す

多少のリスクはありますが、身近な修理店を探すのも良さそうです。
この場合は飛び込み修理ができます。
修理費が安く済むこともあります。
とはいえ一見直ったように思えますが、その部品の耐久性は保証の限りではありません。
不具合などの危険も否めません。
さらにアップルストアで今後修理してくれない可能性もあります。
こちらはこちらでジレンマです。
そもそも地方に住んでいれば、身近に修理店がないこともあるでしょう。
悶々としながら、iPhoneの復活を待つしかないのでしょうか。

壊れたと思ったら

iPhoneが壊れたと思ったら、まずは詳しい知人に尋ねるのが良いでしょう。
修理に値する故障なのか。
そして早めにアップルストアの予約をしましょう。
その間は使えるとしても、無茶な扱いは止めましょう。
どうしてもダメならば、応急処置を身近な修理店にお願いしましょう。
壊れたら修理をすれば良い。新しい物を買えば良い。生活が豊かになった証拠です。
とはいえ数千円でも節約できれば嬉しいものです。
例えばイヤホン、充電器、Lightningケーブルなどの付属品は、無償交換できるものがあります。
ダメ元でも問い合わせてみましょう。

アップルストアに行く

近くにアップルストアがあれば、壊れた付属品を持っていきましょう。直ぐに交換してくれます。
とはいえ保証期間内であることが前提です。
通常は購入後一年以内です。
一年は短いとも思いますが、イヤホンなどのケーブル類は、案外ぶつけたり引っ掛けたりするので断線しやすいものです。
少しでもおかしくなったと感じたら、早めに交換してもらいましょう。

宅配便を使う

近くにアップルストアがなければ、宅配便を使う方法があります。
まず初めにアップルのサポートセンターへ電話します。
そこでiPhoneのシリアル(IMEI)番号、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号などを伝えます。
そして「付属品を交換したい」と言うだけです。
保証期間内であれば、ほとんど疑われることなく交換に応じてくれます。
地域によって異なりますが、数日すると宅配業者によって新しい付属品が届けられます。
気を付けたいのは、あくまでも古い付属品と「交換」です。
壊れたからといって捨ててはいけません。
宅配業者に壊れた付属品を渡しましょう。
なお保証期間を過ぎていたり、ユーザー側に過失が認められた場合には、クレジットカード払いで料金を徴収されることがあります。注意しましょう。

保証期間を確認しましょう

今のiPhoneをいつ買ったか、覚えていないこともあるでしょう。
しかしアップルのサイトから自分のiPhoneが保証期間内かどうか確認できます。
本体のiPhone修理に備えて、時間のある際にチェックしておくことをおすすめします。
なお交換できるからといって雑に扱うのは止めましょう。
新しいイヤホンは耳に馴染みにくいものです。
iPhone修理ならモバイルフォンプロテクター「モバプロ」
http://mobilephoneprotector.jp/

Wgat's New

iPhone修理

アーカイブ

ページ上に戻る